沖縄の豆知識 沖縄観光

【沖縄を満喫】沖縄独特の食文化を楽しむためのコツ!

沖縄の食事

みこ
今日は沖縄の食文化を楽しむためのコツを紹介するよ!
食を楽しむためのコツなんてあるの?
たつ
みこ
沖縄は独特だからね、知らないでいくと思っていたのと違ったものが出てくることがあるんだ
なるほど!それなら知っておかないと損をしてしまうね!
たつ

【沖縄の食事】思ったものと違う料理が出てきた

沖縄の食事

食堂で何気なく頼んだものが思っているものと違ったということはないでしょうか?

例えば「ちゃんぽん」を頼んだとして麺ものが出てくるかと思ったらご飯がでてきてびっくりなんてことあると思います。

本土と同じ料理の名前でも沖縄独特の料理が沢山あるため、思っている料理と別のものが出てくることが多々あります。

ちゃんぽんの他にぜんざいや卵焼きなど呼び名は他県と同じでも、「沖縄流」のユニークな料理が数々存在します。

あずきにかき氷を乗せた「ぜんざい」などは暑い沖縄ならではのメニューになります。

県外の料理と比べ見るのも面白いかもしれませんね!

ぜんざい

ぜんざいと言えば冷たいもの。

あずきの上にかき氷が乗っている。

ちゃんぽん

ゴーヤやスパムなどで炒めて卵でとじたもの。

それをご飯の上に乗せた丼料理です。

卵焼き

卵焼きはまかないのが沖縄流。

平たい薄焼き卵のようなもの

【沖縄の食事】食堂に入ったけどメニューの内容がわからない

沖縄の食事

地元の食堂でローカルフードを頼もうとしても方言で書かれていてなんの料理かわからないということがあると思います。

そんなときは方言をある程度理解していないといけません。料理の名前だけでも覚えているときっと役に立つでしょう。

すば・・・そば

中身(なかみ)・・・豚のモツ

てびち・・・豚足

チラガー・・・豚の顔の皮

ヒージャー・・・山羊

マース・・・塩

アーサ・・・アオサ

フーチバー・・・よもぎ

ナーベラー・・・へちま

ムーチー・・・餅

詳しい沖縄の方言⇓

【沖縄用語】沖縄方言をマスターしよう!

【沖縄の食事】新鮮な魚が食べたい!

沖縄の食事

海に囲まれた沖縄と言えば魚の料理が食べたいと思っている人は多いでしょう。

地元の人も満足する美味しい魚が食べたいけど、どこに行けばいいのかわならないということがあると思います。

そんなときにおすすめなのが、那覇市中心部にある第一牧志公設市場になります。

場内の鮮魚店で買った魚をその場でさばいてもらい、食堂で料理してもらえる「持ち上げ」にチャレンジしてみましょう!

ステップ1

市場一階の鮮魚店で魚をチョイスしましょう。

沖縄ならではのアカマチとグルクンを一匹ずつ購入して、約2400円くらいです。

魚によってはおすすめの料理法があるので、お店の人に聞いてみるといいでしょう。

ステップ2

買ったお魚はお店の人がなれた手付きでその場でさばいてくれます。

きれいに盛り付けてあっという間にお刺身が出来上がります。

売り場の裏は小さな厨房になっていて、刺し身はその場で舟盛りにしてくれます。

ステップ3

他の魚は2階にある食堂へ持っていきましょう。

お店の人に手渡ししたら席へ。

料金は3品までで500円というお手頃な価格です。

もちろん、ご飯などサイドメニューも注文可能です。

ステップ4

大きな魚は半身を刺し身に、残りは煮付けやあら汁にするなど魚を生かした料理をしてくれます。

色々な料理を楽しむことができます。

舟盛り

淡白で上品なアカマチのお刺身。

アカマチのマース煮

塩と泡盛でシンブルに煮付けた漁師風。

グルクンの唐揚げ

さっぱりな食感が最高で、骨ごとまるごと食べられます。

あら汁

頭や尻尾はあら汁にして残さず味わって食べきりましょう!

まとめ

みこ
どうだったかな?沖縄は他の県と違う要素が沢山あるから知っておかないと戸惑うことが多いと思うんだ
確かにそうだね!料理名が一緒でも沖縄流にアレンジしてあると違う料理が出てくるなんて知らなかったよ!
たつ
みこ
食事をするだけでも沖縄に触れていると感じれるからとても楽しいよね!ぜひみんなも沖縄に行ったら食事も満喫してね!

 

-沖縄の豆知識, 沖縄観光
-

© 2021 沖縄情報サイト Powered by AFFINGER5