沖縄観光

【沖縄グルメ】沖縄の美味しい食べ物を紹介!名物料理を食べ歩こう!2

みこ
今日も前回に続いて沖縄の名物グルメについて紹介していくよ!
前回も美味しそうなものがたくさんあったから今回も期待だね!
たつ
みこ
今回は食べ物からデザート、飲み物まで紹介していくから楽しみにしていていね!
それは楽しみだ!
たつ

沖縄名物グルメ

沖縄、グルメ

沖縄の美味しい食べ物を紹介していきます。

美味しいものがいっぱいなグルメがたくさんあるので沖縄に旅したときは食べ歩きたくなること間違い無いです!

タコス、タコライス

B級グルメの代表名物になります。

名店を尋ねると「キンタコ(キングタコス)」と返ってくるほど

メキシコ風アメリカ料理のタコスの具材を米飯の上に乗せた沖縄県の料理である。トマトベースのサルサ(スペイン語で「ソース」の意)をかけて食べる。1984年に沖縄県金武町で誕生した。

同県内では1990年代から学校給食に採用されるなどポピュラーな料理となっている。(Wikipedia)

ハンバーガー

溢れそうなほどたっぷりな具材が入ったハンバーガーが大人気です。

素材にもこだわり、一口でかぶりつけないほどのデカさが醍醐味!

アメリカ人もびっくりしするほど大きなハンバーガーもあるとか

【スイーツ】サーターアンダギー

外はサクサク、中はしっとりとしたスイーツです。

せっかくならできたての熱々状態でパクっと食べてほしいですね!

沖縄県の揚げ菓子の一種。首里方言で、サーターは砂糖、アンダーギーはアンダ(油)+アギ(揚げ)+語尾を伸ばすことで「油で揚げたもの」という意味になる。その名の通り砂糖を使用した生地を用いる球状の揚げドーナツである。縁起の良い菓子とされ、結婚式など祝い事でも振る舞われる。(Wikipedia)

【スイーツ】ちんびん

黒糖風味の沖縄風クレープです。

中国の正月料理がもとで、おやつに食べたりするスイーツです。

ちんびん(煎餅)は、琉球(沖縄県)の菓子。水で溶いた小麦粉に黒糖を加えたものを鉄板などで薄く焼き、細長い棒状に巻いたもの。家庭で手軽につくるためにあらかじめ配合したちんびんミックスも市販されている。(Wikipedia)

ぜんざい

甘く煮込んだ金時豆の上にかき氷が乗っているスイーツです。

暑さで溶ける前にさっと食べたいですね!

現在の沖縄県で「ぜんざい」と呼ばれる食べ物は、砂糖あるいは黒糖で甘く煮た金時豆にかき氷をかけたものである。白玉などが入ることもある。もともとは「あまがし」という緑豆と大麦を甘く煮て冷やした食べ物であったが、戦後は主に金時豆で作られるようになり、冷蔵庫の普及と共にかき氷を載せるようになった。本土のように温かくして食べることもないわけではないが、提供する店は少なく冬季限定のメニューとされていることが多い。(Wikipedia)

【スイーツ】ブルーシールアイス

沖縄のアイスといえばこれと言っても過言ではないほど!

30種類以上のフレーバーから、好きなものを選ぶことができます。

ブルーシールアイスクリームは、沖縄県を中心に日本で展開されているアイスクリームの販売店及びブランドの名前である。経営母体はフォーモスト・ブルーシール株式会社で、市街地の他ショッピングモールや観光施設等至る所に進出している。(Wikipedia)

【ドリンク】さんぴん茶

スッキリ爽やかな風味でどこか懐かしい味のする、ジャスミンティーです。

コンビニや自販機で必ずと言っていいほど売られている飲み物になります。

沖縄県では、ジャスミン茶の一種であるさんぴん茶(さんぴんちゃ)が飲まれている。一般のジャスミン茶が緑茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものであるのに対して、さんぴん茶は半発酵茶にマツリカ(ジャスミン)の香りを付けたものである。「さんぴん茶」という名称は、ジャスミン茶を指す中国語の「香片茶」(シャンピェンチャー)が転訛したものである。(Wikipedia)

【ドリンク】シークヮーサージュース

ビタミンCとクエン酸がたっぷり入ったフレッシュジューズになります。

居酒屋ではサワーもあります!

シークヮーサー は、ミカン科の常緑低木、柑橘類。日本語の沖縄方言で「シー」は「酢」、「クヮースン」は「食わせる」の意味で、「シークヮーサー」という名称は「酸食わし」「酢食わし」という意味になる。(Wikipedia)

【ドリンク】アセロラジュース

アセロラは本部町の特産品です。

万病対策のビタミンCの補給に有効と言われています。

日本では1958年に沖縄県に導入されて以降、同県で栽培されている。現在、加工品としてはサントリーフーズよりニチレイアセロラドリンクとして販売され、一般に普及している。(Wikipedia)

【ドリンク】ルートビア

アメリカ発症のドリンクです。

沖縄ではポピュラーな炭酸飲料で、A&Wではおかわりがフリーです。

ルートビアは、アルコールを含まない炭酸飲料の一種。商品としてのルートビアは、アメリカ合衆国において19世紀中頃に生まれたとされる。バニラや、桜などの樹皮、リコリス(甘草の一種)の根(root; ルート)、サルサパリラ(ユリ科の植物)の根、サッサフラス、ナツメグ、アニス、糖蜜などのブレンドによって作られる。使用原料やその配分は厳密に決まっておらず、銘柄によってさまざまなアレンジが施されている。(Wikipedia)

【ドリンク】イリオンビール

沖縄県民の活力の源です!

工場見学は無料で参加できるうえ、ビールとおつまみも貰えちゃいます。

オリオンビール株式会社(英語: Orion Breweries, Ltd.)は、沖縄県に本拠を置く、日本の大手ビールメーカー。ビールのブランドである「オリオンドラフト」を指して「オリオンビール」と称することもある。シェアでは日本国内第5位。(Wikipedia)

【ドリンク】泡盛

宴会には欠かせないお酒です。

平均30度とアルコールに度数が高いので飲み過ぎには要注意です。

古酒(スーク)は少し値段が高めです。

米を原料として、黒麹菌(アワモリコウジカビ)を用いた米麹である黒麹によってデンプンを糖化し、酵母でアルコール発酵させたもろみを単式蒸留器で蒸留して製造する。酒税法上は、単式蒸留焼酎(旧焼酎乙類)または原料用アルコール(「花酒」参照)に分類される。3年以上貯蔵したものは古酒(クース)と呼ばれる。(Wikipedia)

まとめ

みこ
どうだったかな?名物グルメを見るとたくさん食べたくならない?
もうたくさんありすぎてどれ食べようかまよっちゃうね!
たつ
みこ
美味しいものを食べてぜひ沖縄を満喫してね!

-沖縄観光
-

© 2021 沖縄情報サイト Powered by AFFINGER5