沖縄キャンパスライフ 沖縄観光

沖縄国際映画祭2021開催!注目作品予告編紹介

沖縄の春の恒例イベントである「島ぜんぶでおーきな祭(第13回沖縄国際映画祭)」が今年2021年も4/17(土)・18(日)に開催されます!
そこで今回の記事では、今年の映画祭の開催概要や注目作品をまとめてお届け。注目作品は予告動画とあらすじも合わせてご紹介していきます。

[chat face="si.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]気になる作品をチェックして映画祭を存分に楽しみましょう♪[/chat]

[chat face="u3.png" name="うーさん" align="right" border="yellow"bg="none"]うん、うん楽しもう!![/chat]

 

2021年の「島ぜんぶでおーきな祭(第13回沖縄国際映画祭)」について

出典:島ぜんぶでおーきな祭(第13回沖縄国際映画祭)公式サイト
今年の沖縄国際映画祭は新型コロナウイルス感染予防のため、映画の上映や各イベントはオンラインを活用しての開催となります。
各イベントにつきましては公式サイトを確認していただくとして、ここでは映画祭のメインとなる映画の上映についての情報をお伝えします!

今年は例年通り映画館での上映が決定

2020年は新型コロナウイルス感染予防および拡散防止の観点から、映画の上映は中止されていました。しかし、今年2021年の映画祭では例年通り桜坂劇場での映画上映が予定され
ています!

上映作品に関しては、新作を上映する「特別招待部門(有料)」と、地域を盛り上げるための「地域発進型映画(無料)」、沖縄の文化や歴史を辿る「沖縄ヒストリカルムービー(無料)」など、多くの映画がラインナップされていますよ。

今年の上映作品をチェック!

[chat face="si14.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]今年の上映作品を一部ご紹介します!ご紹介している「特別招待部門」「地域発進型映画部門」以外にも上映作品はありますので、ぜひ公式サイトにてチェックしてみてください[/chat]

 

●特別招待

新作を上映する特別招待部門には4作品が集まっています。新型コロナウイルスの流行により公開が延期となり、満を持しての公開となった作品もありますよ。

作品名 監督
リスタート 品川ヒロシ
女たち 内田伸輝
夢の残像 岸本司
メイド・イン・ヘヴン 丹野雅仁
●地域発進型映画
日本全国の地域を活性化させるために撮影された地域発進型部門には、11作品が集まりました。こちらは無料公開の映画です。どれを見るか悩んでしまいますね♪

作品名 監督
演じる女 沖縄県大宜味村 照屋年之
だからよ~鶴見 横浜市鶴見区 渡辺熱
#放生津カンタータ 富山県射水市 金森正晃
せみのこえ 愛知県幸田町 北村潤伍
闘牛女子。 沖縄県うるま市 真栄平仁
こんな、菊灯りの夜に 沖縄県読谷村 松田正(初恋クロマニヨン)
たまの映像詩集 渚のバイセコー 岡山県玉野市 蔦哲一朗
十六夜の月子 岡山県津山市 頃安祐良
この町の 山形県南陽市 犬童一利
リフレインの鼓動 秋田県仙北市&岩手県雫石町 曽根剛
宇宙にたった2人 福島県いわき市 磯部鉄平
オンラインでの配信も見逃せない!

今年はオンラインでの配信も多く予定されています。

以前映画祭で上映された作品や、昨年10月にオンライン開催された「京都国際映画2020」で人気の高かった作品もオンラインで上映されますよ。自宅でも映画祭を楽しみましょう♪予告動画とあらすじで注目作品をチェック!

[chat face="u3.png" name="うーさん" align="right" border="yellow"bg="none"]さて、ここからは今年の映画祭の注目作品をご紹介していきます。気になる作品は早めにチケットを予約してくださいね♪[/chat]

リスタート (品川ヒロシ監督)

はじめにご紹介するのはお笑いタレント、作家、映画監督として幅広く活躍している品川ヒロシ監督の「リスタート」。まずは映画のあらすじと予告動画をご覧ください。

<あらすじ>
北海道下川町の田舎で高校生活を送っていた未央は、シンガーソングライターを夢見て高校卒業を機に上京。しかし、現実は売れない地下アイドル。夢に破れ、傷つき疲れた未央は故郷である下川町に帰ってくる。
学生時代と変わらない家族や友人にうまく接することが出来ず、いらいらを募らせていくが同級生や家族、自然に触れることで徐々に心を取り
戻していく。そして「夢」を叶えるため動き出す。

(引用元:島ぜんぶでおーきな祭 公式サイト)
作品の物語や北海道下川町の豊かな自然も見どころではありますが、何といっても主演の
EMILYさんの歌声が作品のポイントとなっています。なんと、品川監督は、EMILYさんを
テレビのバラエティー番組から抜擢したとか!

[chat face="u3.png" name="うーさん" align="right" border="yellow" bg="none"]HONEBONE(ホネボーン)のボーカルとして活躍しているEMILYさん。これからは女優としての活躍にも期待ですね。[/chat]

女たち(内田伸輝監督)

同じく特別招待部門より内田伸輝監督の「女たち」をご紹介します。こちらもまずは予告動画とあらすじをご覧ください!

 

<あらすじ>
主人公の美咲は、母の介護をしながら地域の学童保育所で働いている。東京の大学を卒業したものの、就職氷河期世代で希望する仕事に就くことができず、恋愛も結婚も、なにもかもがうまくいかず、40歳を目前にした独身女性である。娘を否定しつづける毒母、そんな母に反発しながらも自分を認めてもらいたいと心の奥底で願う娘。そこに「介護」という現実がのしかかってくる。

お互いに逃げ出したくても逃げ出せない。あるとき、美咲が唯一心のよりどころとしている親友・香織が突然命を絶ち、いなくなってしまう。美咲にとって、養蜂家として自立する香織は憧れだった。美咲の心もポキリと折れ、崩壊へと向かっていく。

(引用元:島ぜんぶでおーきな祭 公式サイト)
「女たち」というタイトルが印象的な作品。崩壊していく主人公・美咲の姿は、コロナ禍で沈んだ私たちの心に深いメッセージを残していきます。
見どころはやはり圧巻の演技力を誇るキャスティング。主演の篠原ゆき子を始め、倉科カナ、高畑淳子、サヘル・ローズがそれぞれの「女」を熱演しています。
女性として生まれた苦しみ、怒り、そして絶望に、多くの著名人も感嘆のメッセージを寄せています。

だからよ~鶴見(渡辺熱監督)

ここからは地域発進型映画よりおすすめ作品をご紹介していきます。まずは渡辺熱監督の「だからよ~鶴見」をご紹介。

 

<あらすじ>
舞台は鶴見仲通商店街。間もなく行われる沖縄角力(ずもう)の大会を知らせるポスターがあちらこちらに貼られている。
通りの中ほどにある沖縄物産を扱う商店で働く琉次が、いつものように配達に出かけようとすると、一人の女性が店へ入ってくる。その姿を見つめる琉次。商品を手にした女性は店内のポスターの文字を読み「沖縄角力出場者大募集」と独り言のようにつぶやく。その声に思わず「出ませんか?」と言ってしまう琉次。笑顔で振り向く彼女。
沖縄と南米が交わる鶴見の街で繰り広げられる、沖縄角力と恋と仲間の物語。

(引用元:島ぜんぶでおーきな祭 公式サイト)

ガレッジセールの川田広樹さんが主演を務める作品。
「関東の沖縄タウン」の呼び名を持つ横浜市鶴見区を舞台とした、温かくてどこかゆる~い恋の物語です。

[chat face="t-1.png.png" name="ひでとら" align="right" border="yellow" bg="none"]「だからよ~」をはじめとした沖縄の言葉にも注目です♪ね[/chat]

#放生津カンタータ(金森正晃監督)

NGT48メンバーが出演する「#放生津カンタータ」。こちらもまずは予告動画をご覧ください♪

<あらすじ>
富山県射水市にある長閑な漁師町に住む古田那古(三村妃乃)は高校卒業後、上京して、憧れの音楽の仕事を夢に見ていた。東京への憧れは日に日に高まっていった。那古の所属する合唱部は部員減少による存続の危機に立たされていた。合唱部の顧問、太田燈(中井りか)はOG として伝統を絶やしたくない思いとは裏腹に時代の移ろいに為す術は無かった。高三の三学期、那古は東京から来た転校生の大伴そら(古舘葵)と出会う。那古とそら、二人の織りなすカンタータが響き渡る。歌手になることを夢見る女子高生・那古(なご) ピアノを弾くことに迷う

転校生・空(そら) 日本のベニス“内川放生津”を舞台に何に向き合い、どんな人生を描くのか?

(引用元:島ぜんぶでおーきな祭 公式サイト)
少女たちの悩みや葛藤、そして友情を描いた金森正晃監督の青春ストーリーです。

[chat face="u3.png" name="うーさん" align="right" border="yellow" bg="none"]NGT48メンバーが多数出演していることでも話題のこちらの作品は、メンバーをはじめとするキャストの演技にも注目です♪[/chat]

 

この町の(犬童一利監督)

続いてご紹介するのは犬童一利監督が手がけた「この町の」。山形県南陽市を舞台にストーリーは進んでいきます。

東京に嫁いだものの、離婚して故郷の山形県南陽市に出戻ってきた夕佳里。お節介で噂好き、やたらと詮索してくるこの町の人たちを、夕佳里は好きではなかった。自分の過去も何でも知っている人々の干渉が、ただ息苦しかった。ある日、町に新型コロナの陽性者が出る。平和だった町に生じていく不協和音。ぎすぎすとした町の空気に、夕佳里の心も蝕まれていく。そんな夕佳里に、近所に住む世話焼きの女、好見が意外な言葉をかけてきて……。

(引用元:島ぜんぶでおーきな祭 公式サイト)

私たちの生活が一変するきっかけとなった新型コロナウイルスを題材とした作品。ウイルスに翻弄されながらも生活を続ける町の人々と主人公・夕佳里の絆を描いています。

[chat face="si.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]ふるさとの温かさや懐かしさを感じられる作品となっていますよ♪[/chat]

 

リフレインの鼓動(曽根剛監督)

最後にご紹介するのは曽根剛監督の「リフレインの鼓動」です。

シンガーになる夢に破れ、故郷に帰るフタバ。フタバは駅で出会った女性に不思議な感覚を覚える。行き着いたカフェでローズヒップティーを飲んだ瞬間、周りの景色が溶け出し、気づくと知らない家族が目の前にいた・・・・・・。

自分を見失った一人の女性の再生を描く。過去と未来、夢と現実、様々な空間を行き来するファンタジー。

(引用元:島ぜんぶでおーきな祭 公式サイト)
夢破れた主人公・フタバが時空を行き来し、人とのふれあいを重ねるなかで生きる意味を探していく物語。ファンタジー要素のある作品ですが、主人公と町の人々の絆に温かい気持ちになりますよ。
東北の雪景色の美しさにも目を奪われます。
今年の沖縄国際映画祭も見逃せない作品ばかり!

まとめ

今回は、開催を間近に控える「島ぜんぶでおーきな祭(第13回沖縄国際映画祭)」をご紹介しました!

今年の映画祭はコロナ禍での開催ということで、会場に足を運ぶ方は感染症対策をしっか
り行って安全に映画を楽しみましょう。また、現地だけでなくオンラインでも楽しめる工
夫が盛りだくさんですので、自宅からも映画祭を盛り上げましょう♪

[chat face="si14.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]桜坂劇場での上映作品は、有料・無料問わずチケットの申し込みが必要です。気になる作
品は早めにチケットを入手してくださいね![/chat]

↓チケットの予約はこちらから↓
島ぜんぶでおーきな祭(第13回沖縄国際映画祭) チケット情報

-沖縄キャンパスライフ, 沖縄観光

© 2021 沖縄情報サイト Powered by AFFINGER5