沖縄の穴場スポット 沖縄観光

沖縄旅行で必ずチェックしておきたい免税店のとっても知りたい情報!

海外旅行などの醍醐味の一つにショッピングがあります。海外旅行の場合は「TAXFREE」や免税店での買い物が可能です。海外の人気ブランドや高級化粧品などが関税や消費税を気にせずに買えるのが大きなメリットです。みなさんの中の免税店での買い物は海外のみだと思っていませんか?実は、日本国内にいながらお得な買い物を楽しむことが可能なのです。

[chat face="si.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]今回の記事では、沖縄の免税店の仕組みや、おすすめ免税店について紹介していくよ[/chat]

免税店とは?

[chat face="t-1.png.png" name="ひでとら" align="right" border="yellow" bg="none"]そもそも免税店ってどういうお店なの[/chat]

[chat face="si.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]免税店とはその名の通り、税金が免除されるお店のことだよ[/chat]

[chat face="t-1.png.png" name="ひでとら" align="right" border="yellow" bg="none"]よくわからない。詳しくおしえて[/chat]

関税や消費税といった税金がかからない商品が置いてあります免税店は、空港形免税店(国際空港)や繁華街などの市中免税店の2種類があります。

空港型免税店では、関税、酒税、タバコ税などが免除されます。市中免税店の場合は、消費税が免税されます。なぜ、免税になるのかというと、国際空港内はどこの国にも属さないと定義されています。これは、機内や船内でも適応されます。

まず、免税の条件は輸出扱いが前提に置かれます。
海外からの旅行者が購入した品物は、いずれ国外に持ち出されます。つまり、商品は国外に持ち出されることを想定してその国に訪れているのです。
つまり、条件を満たすことにより消費税やその他税金が免除されるという仕組みになっているのです。

沖縄の免税店では、なぜ日本人が免税の対象になるのか?

冒頭でも少し紹介しましたが、原則免税は海外からの旅行者に対して適応されます。しかし、沖縄の場合は日本人でも免税の対象になるのです。「沖縄型特定免税店制度」という制度があるからです。県外の旅行者が、空港内や県内の特定免税店で商品を購入した場合関税等がかかりません。

注意が必要な点として、商品を購入した場合空港で受け取ることが条件となります。近年、秋葉原にも免税店が増えており、あげられる理由としては外国人旅行者が増えているということです。免税店は日本の経済の一角を担うといっても過言ではありませんね。

沖縄おすすめ免税店

「Tギャラリア沖縄」

国内で唯一、日本人であっても関税が免除されるお店です。
商品に関税と消費税がかかっていないため非常にお得に購入することができます。

海外と同じ条件で買い物を楽しめることができますし、定価で購入すると非常に高価なブランド品なども、こちらの免税店を介すことにより、通常よりお得に購入できるため、買い物が大好きという方は見過ごせないスポットであると言えるでしょう。
海外旅行者はもちろん、日本に住んでいる日本人でも同じ条件で利用することができます。

Tギャラン基本情報
住所 沖縄県那覇市おもろまち4-1
電話番号 0120-782-460
営業時間 9:00 ~21:00(金曜土曜は22時)
定休日 年中無休
利用可能条件 外国人 または 非移住者
公式ホームページ 公式ホームページ
取扱ブランド一覧

①CELINE

パリを拠点にしているブランド「CELINE」海外モデルなどインフルエンサーがよく持ち合わせているハイブランドです。
高価なこともあり、手を出しにくいですが免税店などで購入することにより少しでも定価より低い値段で購入することができます。

②Tiffany & Co

女性の憧れジュエリーブランドTiffany & co。
指輪やピアス、ネックレスなど不動の人気を誇っています。
しかし、品質も良くかなりの値段がすることで有名です。
そんな、高級品をこれを機にお得に手に入れてみませんか?

[chat face="u3.png" name="うーさん" align="right" border="yellow" bg="none"]わたしは、絶対ここのブランド!女の子は大人気だよ[/chat]

③FENDI

イタリアを代表するブランド「FENDI」男性を中心に人気を博しています。
ハイブランドにもかかわらず、遊び心を忘れないというところに好感が持てます。

[chat face="t-1.png.png" name="ひでとら" align="right" border="yellow" bg="none"]僕はやっぱりFENDIだね。かっこいいんだから[/chat]

④TOM FORD

GUCCIやY S L のディレクターを務めたトム・フォードがプロデュースするブランドです。
大人っぽさや、大人の女性のかっこよさを放つことで有名!

⑤MICHAEL KORS

アメリカでお馴染みのデザイナーマイケル・コースが手がける人気ブランドです。
ブランドを主張しながらも、シンプルさを極めた印象的なブランド。
カジュアルで、品のあるコーディネートをしやすく、年齢を問わずに愛用者が多いのが特徴的です。
以上のようなブランドを取り扱っており、日本国内外関係なく、どの観光者が利用することができます。

どのくらいお得になる?

ブランドや商品によっても変わりますが、国内定価の約30%オフが基本的だそうです。さらにセールとなると、半額まで値段が下がる場合があるそうです。
しかし、免税店でありアウトレットではないので、アウトレットほど値段は下がることはありません。

沖縄旅行で必ずチェックしておきたい免税店情報!

ですが、今季のモデルや人気商品がしっかりと取り揃っているので、最新のものや流行りのものを手に入れたいと考えている方は非常にオススメです。
ただし、定番商品となると売り切れになってしまう場合があるので注意が必要です。

[chat face="si13.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]売り切れる前に早く買わないとね![/chat]

免税店のセール時期について

ここでは、Tギャラリアを元にお話しさせていただきます。
主に、Tギャラリア沖縄は年に2回大きなセールが開催されます。
①7月頃:サマーセール
②1月頃:クリアランスセール
このようなセール時期は元々お得な免税店の商品がさらに値下がり、国内定価の半額を切ることもあります。
もちろん、その時の商品の流行りやトレンド、人気度によって変わります。
中には、セール対象外のものもあり、各ブランドにより割引率やセール期間は異なります。もし、商品を安く手にしたいと考えている方は、このようなイベント時期を見計らって沖縄旅行に行かれることをおすすめします。もしかしたら、ゲリラ的イベンドによりラッキーな価格でブランド物をゲットできるかもしれませんね!

利用時の注意点

便利でお得なギャラリア沖縄ですが、いくつか気をつけたいポイントがあるので確認しておきましょう。

購入条件

こちらの免税店でお買い物をするにあたり、沖縄から県外・海外に出ることが条件となっています。
つまり、県外や海外からの観光客は購入が可能で、沖縄や市内に住んでいる人は購入が不可となっているのです。
上記のような条件に該当しない方は購入しても受け取ることができないので注意が必要です。

商品を受け取る方法

ギャラリア沖縄で購入した商品を受け取るのは店頭ではなく、那覇空港です。
那覇空港に入場し、手荷物検査場を後にした際にある「D F S商品受け取りカウンター」に
て受け取りを行います。
必要なものは、「購入時に記入するショッピングカード」「本人所持の航空券」
以上の2点を提示し商品を受け取ります。
受け取った商品は出発するまで開封が禁止されていますので、気をつけてください。
免税の対象外になるものもあるブランド店以外のお店などは、免税の対象外になるので注意が必要です。また、全ブランドが免税の対象になるという訳ではありませんので、購入前に必ず確認するようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?以上が国内でも免税を活用してお得に買い物する方法でした。
日本国内で日本人が免税店を利用できるとはびっくりですよね。沖縄に訪れる機会はこれ
から先数回あると思いますので、ぜひ訪れた際は沖縄の自然や観光スポットを楽しむのも
いいですが、今回の記事で紹介した免税店に訪れて、高級ブランドを定価よりも安い値段
で入手してみてください。

[chat face="si.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]ブランド品買う?[/chat]

[chat face="u3.png" name="うーさん" align="right" border="yellow" bg="none"]買う買う~[/chat]

 

少しでも、浮いたお金を有効的に使い高級品やブランド物を手に入れると共に、沖縄の良さを満喫できるような楽しい旅行にしてみてください。
なお、免税店を利用しようと考えている方は、パスポートや搭乗券など、身分や渡航を証明するものが必要となるので、あらかじめ用意しておきましょう!

-沖縄の穴場スポット, 沖縄観光

© 2021 沖縄情報サイト Powered by AFFINGER5