沖縄キャンパスライフ

【沖縄シェアハウス】沖縄に長期滞在するな らシェアハウスがおすすめ

綺麗な海にグルメ。自然環境が豊かな沖縄への長期滞在を考える人は少なくありません。
しかし、滞在費用や身の回りの荷物を考えると、簡単には決められないですよね。
そんな方には、シェアハウスがおすすめです。
とは言え
「そもそもシェアハウスって何?」
「シェアハウスに住むメリットはあるの?」
などの不安要素もありますよね。
そこでこの記事では、シェアハウスの魅力や物件の選び方、さらに沖縄でおすすめのシェア
ハウスを紹介していきます。

シェアハウスってどんなところ?

シェアハウスとは一般的に複数人で住宅をシェアし、『長期間生活をする賃貸住宅』のこ
とを言います。
同じ建物の中にそれぞれの個室があり、リビングやキッチンを共用で使うというイメージで
すね。

最近ではテレビなどで取り上げられ、若い方を中心にシェアハウスの人気が上がっています

自然に恵まれた沖縄でのシェアハウス生活は、新たな出会いや人との関わりが増えて、いっ
そうオフタイムが充実しそうですね。

シェアハウスに住むメリットとデメリット

他人と個室以外にリビングやキッチン、トイレやお風呂などを共同で使うのは一体どんな感
じなのか気になりますよね。
そこで、気になるシェアハウスに住むメリットとデメリットをあげてみました。

メリット

● 生活費が抑えられる
● ひとりではない安心感
● 交友関係が広がる
ひとりで部屋を借りるのに比べると、生活費が抑えられるのが最も大きいメリットでしょう。
女性のひとり暮らしで心細いときや、病気をしたときなど、ひとりではない安心感に助けら
れたという方も。

[chat face="si.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]費用が安くなるし、友達もできるしね[/chat]

[chat face="t-1.png.png" name="ひでとら" align="right" border="yellow" bg="none"]いいよね。周りに人がいるので、寂しくもないね[/chat]

デメリット

● トラブルが起こりやすい
● ひとりの時間がとれない
● 生活時間のズレ

複数で生活をしていると、お風呂や睡眠時間などのズレや、生活音や金銭面でのトラブルな
どが起こりやすいようです。
入居時に、役割分担や細かいルールなど、決めておくと良いでしょう。

[chat face="t-1.png.png" name="ひでとら" align="right" border="yellow" bg="none"]確かに!ルールは大事だよね[/chat]

シェアハウスを選ぶときに、こだわりたい条件と環境

沖縄でシェアハウスに住むなら、自分に合ったものを選びたいですよね。
快適な共同生活を送るために、シェアハウスを選びでこだわりたい条件や特徴をあげてみま
した。

条件にこだわる

敷金不要

賃貸物件を借りる場合は、一般的に敷金礼金を合わせて20〜30万程度かかります。
ですが、シェアハウスならほとんどの物件が敷金または礼金が必要ありません。
初期費用を抑えられるのは、嬉しいですね。

女性専用

女性だけの共同生活の利点は、なんと言っても気兼ねなく過ごせること。
初めて一人暮らしをする方や、学生さんをもつ親御さんなど、女性だけという安心感からニ
ーズも高まってきています。
女性専用のシェアハウスは、防犯対策に優れた物件が多いので安心ですね。

外国人OK

日本にいながら国際交流がしたいという方や、海外に興味がある人には、外国人OKのシェ
アハウスがおすすめです。
海外への留学や、ワーキングホリデーを予定している人、海外での就職を目指す方などには
、海外生活の練習にもなるでしょう。

環境にこだわる

◆Wi-Fi有り
近年、シェアハウスの多くはネット環境が整っているため、面倒な手続きは必要ありません

ただし、接続状況については入居してみないとわからないということも。
PCをよく利用するという方は、入居前にネット環境の確認をしておきましょう。

◆コンビニに近い
物件選びの環境の中で、最も重視されているのが、コンビニが近くにあるかということ。
ちょっとした食品や日用品にATMもあり、各種支払いや住民票に証明書も取得できるコン
ビニは、今やなくては困る存在ですね。

◆家具家電付き
シェアハウスには、家具家電が最初から設置されているので、一人暮らしを始める際の必要
経費を抑えられますね。
家具や家電は共用するものですので、トラブル回避のためにも、ルールを決めておくと良い
ですね。

[chat face="u3.png" name="うーさん" align="right" border="yellow" bg="none"]環境が良いと素敵なシェア生活ができるね[/chat]

沖縄のシェアハウス料金相場

沖縄県内で現在募集中のシェアハウス物件について調べてみました。敷金礼金無し、共益費はほとんどの物件が、家賃込みの料金です。

共益費がかかる物件でも、賃貸物件で別に光熱費が必要なことを考えると、手頃な料金で生
活できますね。

※浦添市、うるま市の共益費の項目は、案件が少ないためダイレクトに載せています。

 

家賃

共益費

那覇市

約41,000円

0〜12,000円

浦添市

約42,000円

    12,000円

うるま市

約30,000円

      5,000円

石垣市

約42,000円

         0円

宮古島

約43,000円

         0円

北谷町

約35,000円

         0円

※物件情報はジモティーを参考にしています。

沖縄のシェアハウス、おすすめ3選

沖縄での生活を満喫したいなら、好きな環境にこだわって、シェアハウスを選びたいですよ
ね。
沖縄に長期滞在したい人の中には、それぞれの目的があってシェアハウスに住みたい、と考
える人が多いようです。
そんな方のために、厳選して3つの物件を選んでみました。

単身で沖縄に滞在したい女性

那覇市首里の家
http://www.guesthousebank.com/a_detail/q_11401/
沖縄の中心地、那覇市にある観光名所、世界遺産にも近い女性専用物件『首里の家』。
フルリノベーション物件で、インテリアにもこだわった、ホテルのような快適さが魅力です

敷金・礼金不要で家具家電付き・高速無線LANも完備。コンビニやスーパーが5分圏内にあ
るのも嬉しいですね。
広い15畳のリビングに大テーブル。部屋タイプは全て洋室で、部屋の広さによって料金が
変わります。
家賃:34,000〜52,000円
共益費:9,000円
備考:退去時保証金から、清掃費10,000円。
今後女性ひとりでの滞在を考えるなら、要チェック物件です。

ノマド的に過ごしたいフリーランス

ギークハウス沖縄
https://geekhouse.okinawa/join
エンジニアやプログラマーなど、WEBで活躍する人たちが、沖縄で共同生活を送るコンセ
プト型のシェアハウス『ギークハウス沖縄』。
敷金・礼金は不要、入居時にデポジットとして20,000円必要ですが、破損など問題なけれ
ば退去時に返却されます。
家賃30,000円、共益費5,000円。
家具家電付き、超高速インターネット完備。
3,000円で1泊からでも利用できます。

低予算で沖縄を存分に楽しみたい節約家

ドミトリー沖縄
https://www.dormitory-okinawa.com/
さらに必要経費を安くあげたい方には、ドミトリータイプ(ベッドのみ自分のスペース)がオ
ススメ。
実は、沖縄ではドミトリーが浸透しています。
短期滞在だと1泊1000円から、女性専用のドミもあるので、お一人さまの旅にも利用できま
すね。
また長期滞在向けには、月に3万円弱で宿泊できるプランがあります。
ただコスパがよくても、自分だけのスペースはベッドだけなので、コミュ力の高さが求めら
れそうですね。

まとめ

シェアハウスの知っておきたいメリットやデメリット、物件選びでこだわりたい条件などに
ついて、紹介してきました。
日本でも有数のリゾート地、沖縄。
マリンスポーツに沖縄の伝統文化、沖縄料理と楽しみが満載です。

[chat face="si.png" name="ケン" align="left" border="blue" bg="none"]バッグひとつでお手軽に、自然豊かな沖縄へプチ移住をしてみてはいかがでしょうか。[/chat]

-沖縄キャンパスライフ

© 2021 沖縄情報サイト Powered by AFFINGER5