沖縄ファッション

【春夏秋冬】沖縄旅行で着せたい赤ちゃんの服装

うーさん
うーさん
今度、1歳の子供を連れて沖縄旅行に行こうと思ってるんだけど、どんな服装がいいかな?

ケン
ケン
沖縄は気温の変化が大きいし、天気も変わりやすいから赤ちゃんの服装には注意が必要だね。

ケン
ケン
今回は季節ごとの沖縄で着せたい赤ちゃんの服装を紹介していくね!

夏の服装


沖縄の夏(5、6、7、8、9月)は紫外線や高温、湿度など赤ちゃんにとっては危険な要因がたくさんある季節です。

気温(℃) 降水量(㎜) 湿度(%)
5 24.0 231.6 76
6 26.8 247.2 79
7 28.9 141.2 83
8 28.7 240.5 78
9 27.6 260.5 78
那覇市の平均値(1981~2010)のデータ:気象庁より引用

それぞれにしっかり対策するためには、服装だけでは足りません。

夏の沖縄で赤ちゃんを守る対策は以下の記事にまとめました。親御さんは読んで頂けると、赤ちゃんを連れた夏の沖縄が怖くなくなります。

赤ちゃん・子供を連れた沖縄観光で注意するべきポイントを県民が教えます https://kkbest.work/2019/03/25/%E3%80%90%E6%98%A5%E5%A4%8F%E7%A7%...

では本題の、赤ちゃんの服装について。

小児服を考えると、この季節でなによりも怖いのは紫外線

沖縄の紫外線は本土と比べ物にならないほど強いです。まだ紫外線が強くない5月の曇り空でもこのツイートのように腫れてしまいます。

沖縄の紫外線については、以下の記事にまとめました。この記事のメインは大人の紫外線グッズなので親御さんのためにもチェックして頂けるといいかと思います。

【保存版】沖縄の紫外線に負けない!完璧な日焼け対策~グッズ編~ 沖縄の紫外線の恐ろしさ 沖縄県の紫外線は、本土とケタ違いに強いです。こう言っても伝わらないので、沖縄県の紫外線の特徴をまとめま...

以上のことから、夏の沖縄では紫外線を避けつつ、涼しくてムレない服が赤ちゃんの肌を守るために望ましいです。

そのためには、紫外線対策+除湿機能付きの薄手の小児服が必要ですね。

そこでオススメなのは、このSOULEIADO UVカット ベビーマント

こちらは、フードが取り外しできるUVカットベビーマント。UVカット率93.7%なので紫外線対策はこれで安心ですし、前あきタイプで、ボタンを1つ留めるだけなのでサッと脱ぎ着できます。

また、それだけでなく触ったときにひんやりとした使冷感があるので夏にはピッタリ。さらに、吸水性に優れるため、汗の吸収にも貢献します。

特徴的なのは、毛玉ができにくい「センターアイランドRUV」素材を使用しています。これは、フルダルレーヨンで、夏の大敵「紫外線」を防止するだけでなく、防水機能まで擁しています。

つまり、この素材によって赤ちゃんの敵「紫外線」「雨」を防げるわけですね。

色はホワイト / ベージュ / グレー / オレンジ / フレンチブルーの5色用意されているので、赤ちゃんに似合うものを選べます

秋の服装


沖縄の秋(10、11月)は過ごしやすい気温です。気象庁による11月の平均気温は22.1℃と、観光するにはいい季節だと言えます。

気温(℃) 降水量(㎜) 湿度(%)
10 25.2 152.9 69
11 22.1 110.2 66

那覇市の平均値(1981~2010)のデータ:気象庁より引用

ただ、他の季節よりも比較的雨の日が多いので、赤ちゃんの服装も少し考えた方がいいかもしれません(夏と比べ降水量が少ないのは、単位時間当たりの降水量が秋は少ないからです)。

また、この時期もまだ紫外線は強いので、先ほど紹介した紫外線対策を引き続きやっていくべきです。

よって、この季節は紫外線対策+防水機能のある小児服が必要です。

先ほど紹介したSOULEIADO UVカット ベビーマントは紫外線対策+防水機能もあるので、秋にもおすすめできます。

冬の服装


沖縄の冬(12、1、2月)は暖かく、15℃を下回る日は少ないです。

気温(℃) 降水量(㎜) 湿度(%)
12 18.7 102.8 74
1 17.0 107.0 67
2 17.1 119.7 70

那覇市の平均値(1981~2010)のデータ:気象庁より引用

しかし、この季節の特徴として風が強いことが挙げられるので、体感温度は気温よりも下回ります

沖縄だからといって、油断せずに赤ちゃんの防寒対策を行う必要があります。

なので、冬の沖縄の小児服はしっかりとした寒さ対策が必要。

ここでおすすめしたいのは、このフード付き中綿コート

フードがボタン式で取り外せるので、コートにもジャケットにもなります。

厚手でもこもこしがちの冬服。このコートも中綿入りで厚みがありますが、とても柔らかくて軽いので動きやすい。

また、ナチュラルな色合いの無地なので、男の子でも女の子でも着せることができます

さらに、肌に触れる部分は全てオーガニックコットン。上質なので出産祝いやお誕生日、クリスマスのプレゼントにもおすすめできます。

春の服装


沖縄の春(3、4月)は「うりずん」と呼ばれる、1年で最も過ごしやすい季節です。

気温(℃) 降水量(㎜) 湿度(%)
3 18.9 161.4 73
4 21.4 165.7 76

那覇市の平均値(1981~2010)のデータ:気象庁より引用

暖かく、降水量も少なく、紫外線もまだ弱い。さらに、本土のような花粉もないので老若男女問わず観光には人気の季節。

ただ、気温の変化は大きいので、気温の変化に弱い赤ちゃんには脱ぎ着しやすい服がおすすめです。

そんな沖縄の春の小児服はこのもこもこ耳付きニット帽がおすすめ。

男の子も女の子も着られるユニデザイン。頭も耳も首もあったかいので寒くなった秋の夜にピッタリ!

頭からすっぽりとかぶって、マフラーとニット帽と耳当ての3役を1つに担うことができます。

これなら昼は暑くなりがちな沖縄の秋も、脱ぎ着しやすくていいです。

また、なんといっても見た目が可愛いので赤ちゃんが魅力的に見えますね!

まとめ

ケン
ケン
今回は季節ごとの沖縄で着させたい赤ちゃんの服装を紹介しました!どうだった?

うーさん
うーさん
とても参考になったよ。これでどの季節の沖縄にも、子連れで行くことができるね!

ケン
ケン
今回は、服装についてまとめました。だけど、沖縄は本土とは違う点がいっぱいあるし、その数だけ注意点もあるから親御さんは下に貼った関連記事を見てほしいです。

赤ちゃん・子供を連れた沖縄観光で注意するべきポイントを県民が教えます https://kkbest.work/2019/03/25/%E3%80%90%E6%98%A5%E5%A4%8F%E7%A7%...