沖縄観光

沖縄観光イベントトップ5~3月4月編~

ケン
ケン
今回は、沖縄の春!3月と4月の観光スポットを紹介するね!
ひでとら
ひでとら
でもどちらかというと、沖縄の3月4月は少し夏っぽくなるけどね笑。
ケン
ケン
そのとおり!この時期の沖縄はアウトドアな観光にもってこいな季節なので、紹介したいイベントも沢山あります。
ひでとら
ひでとら
楽しみ。
ケン
ケン
前回と同じく、この時期の観光のメリットとデメリットを先に紹介しますね。では、行きますよ~!

3月4月に観光するメリットデメリット

メリット

1.観光にもってこいな気温

こちらは気象庁の沖縄県那覇市の月別平均温度のグラフ。3月の平均気温は18.9℃で、4月は21.4℃。寒すぎず、暑くもない穏やかな気温です。方言のうちなーぐちでは、この季節を「うりずん」と言い、有名な沖縄の観光シーズンなんです。

2.他の観光客が少ない 

これは沖縄県庁平成30年入域観光客統計概況によるデータ。2018年の各月別観光客数は8月のピークと比べると少ないですし、5月のゴールデンウィール前なのもあって観光客も渋滞も少ないです。あえてこの時期に観光すると沖縄のいいとこ取りができるかもしれません。

3.海に入れる

沖縄の海開きは日本1早いです!去年の海開きは3月17日(恩納村・万座ビーチ)でした。おそらく、今年も3月中に海開きが始まるはずです。しかし、海の水温は2か月まえの気温と比例するので、まだ海水浴には冷たいでしょう。それでも4月の晴れた日は気温も25℃近くなるので、そのタイミングで入る海は少し冷たくても気持ちいいかもしれませんね!

ケン
ケン
ビーチでのんびりするだけでも心地よいはず!

4.花粉症に悩まされない!

本土の3月といえば、国民病ともいえる花粉症で多くの人が苦しんでいます。しかし、沖縄で花粉症の症状は出ません。これは、沖縄県にスギやヒノキが非常に少ないからです。事実、林野庁のデータによると、沖縄県内のスギの森林面積は0.24%しかありません。これなら、花粉症の心配がいらないのも納得ですね。

ケン
ケン
鼻炎の僕は、沖縄に来てから1度も発症してません。

デメリット

1.イベントが少ない

これに関しては、夏と比べてという意味です。このような沖縄花のカーニバルといった沖縄のこの時期でしか楽しめないイベントもありますが、夏と比べてしまうと見劣りします。

ケン
ケン
デメリットはこれだけ。それくらい、この時期は観光におススメです

沖縄観光イベントトップ5 ~3月4月~


この時期になると、沖縄最大の魅力であるエメラルドブルーの海に入れるので、海だけでもおススメしたい場所がたくさんあります!・・・が、ビーチに関してはまた別の記事でまとめて紹介しますね。

【ベスト5】 キャンプフォスター・フェスティバル

米軍基地キャンプ・フォスターで、毎年4月上旬(2019年は未定)に開催されるイベント。普段は関係者以外立ち入り禁止となっている米軍基地に入場無料で入ることができます

ジャンボホットドッグやハンバーガー、ピザなど普段味わえないアメリンカンサイズのフードやアメリカンスイーツを堪能できるのが最大の魅力ですね。詳細はこちらからそうぞ!

会場に入場する際は、大人は写真付きの身分証明書の提示が必要。また持ち物チェックがあり、飲み物やクーラーボックス、ペットの持込みは禁止なので注意が必要

【ベスト4】 Kajimaya -カジマヤー-(沖縄パフォーマンスショー)


沖縄の年中行事「カジマヤ―」をモチーフに、沖縄のおじーおばーのパワフルさをノンバーバルで描いたパフォーマンスショー!海外の方々からの絶賛の声に、定期公演化が決定しました。

沖縄にこんなにすごいショーがあったなんて!」「もっと沖縄の文化を知りたくなった!」「台詞がないからこそ、伝わる“何か”がある。」といった絶賛の声多数です。

沖縄市の話題作をぜひ(‘ω’)ノ

 開催は、2019年3月9日(土)19時~となっています。会場は18時からです!詳細はこちらからどうぞ。

【ベスト3】 島ぜんぶでおーきな祭(沖縄国際映画祭)


毎年4月に「Laugh & Peace(ラフ&ピース)」のコンセプトのもとに行われる映画祭。那覇市の波の上うみそら公園を主会場に那覇市の桜坂劇場や沖縄市などで映画上映、セレモニー、さまざまなイベントやライブが開催されます。

「特別招待」のほか、バラエティ豊かな「特別上映」、沖縄の魅力を国内外にアピールする「地域発信型映画」などの作品が上映されます。そのほか、お笑いライブや音楽ライブなどのさまざまなプログラムが展開されます。

ケン
ケン
沖縄のエンタメといえば、このイベント!有名人も多いですよ~

今年(2019)は4月18(木)~4月21日(日)に開催が決定しました!

場所は、波の上うみそら公園や国際通りなどの県内各社で開催されるようです。詳細は公式サイトからどうぞ

【ベスト2】 沖縄花のカーニバル2019

沖縄花のカーニバルとは、沖縄県の端から端までの観光地を花で溢れるようにしようというイベントです。沖縄の地域特性を活かして「暖かい沖縄」と「花いっぱいの冬」を県内外にアピールするため、観光客に喜んでいただけるために開催しています。

1月~5月の花のカーニバル期間中には、県内各地で開かれる花祭りの紹介や、県民一人ひとりの景観に関する意識高揚を図るための催し等、フラワーアイランド沖縄の形成に向けた取組みを行っています。

北部から南部まで見どころ沢山です。沖縄の春は、花で癒されるのもアリですね!詳細はパンフレットからどうぞ!

【ベスト1】 琉球海炎祭


毎年4月中旬の土曜日、宜野湾海浜公園トロピカルビーチで行われ、毎年沖縄県外から多くの人が訪れる大花火大会「琉球海炎祭」。1万発の花火が東シナ海の夜空を彩ります!

ケン
ケン
海の上で打ちあがるから、水面に反射されてめちゃめちゃキレイ!最高の1時間やさー

エイサー隊が会場を盛り上げたあとはメインイベントの花火イリュージョン。沖縄民謡から最新ヒット曲、そしてオペラまで数々のサウンドに合わせて、思わず踊りだしたくなるような構成でコンピュータ制御された色とりどりの花火が次々と打ち上がります!

また、世界的デザイナーであるコシノジュンコ氏デザインのアート花火を、昨年世界一に輝いた花火師が打ち上げるという、世界基準の花火大会になります。

【開催日時】2019年4月13日(土)。開場15時30分 開演19時
※雨天決行、強風、強雨などの荒天時は中止

【開催場所】宜野湾海浜公園トロピカルビーチ宜野湾市真志喜4-2-1

公式サイトはこちらから

 まとめ

ケン
ケン
沖縄は3月4月になると、気温はちょうどいいし、海に入れるし、数は少ないけど楽しいイベントもあるし、観光する時期としてはおススメです!
ひでとら
ひでとら
沖縄と言えば、夏っていうイメージ合ったけど案外春もありだね。
ケン
ケン
ありあり。夏は観光客も多いし、道路は渋滞するし、面白さ半減よ。だから、この季節を一番推すかな。ぜったい。まじで。
ひでとら
ひでとら
自分が夏快適に観光したいから、みんなに春を推している気持ちは?
ケン
ケン
98%。
ひでとら
ひでとら
(素直だな・・・)