沖縄観光

沖縄のシーサーを買うならこのお店がおすすめ!インスタ映え!やちむん通の名店

ひでとら
ひでとら
沖縄旅行に行こうと思ってるんだけど、おみやげにシーサー買いたいんだ
ケン
ケン
いいと思うよ。魔除け効果は持ち帰ってもあるしね!
ひでとら
ひでとら
でも、どこのお店のシーサーがいいか分からん!ケン君教えて!
ケン
ケン
了解!今回は県民の僕がシーサー専門店のお店に行ってきたので、徹底紹介します!

本物の伝統シーサーは”壺屋焼”

沖縄県のお土産として有名なシーサー。魔除けとしてお家の玄関に飾られるなど県民に愛されています。

なんと、親戚はエジプトのスフィンクスやマーライオン!シルクロードを渡って形を変えて沖縄で活躍しているんですね・・・なんか涙出てくる。

ひでとら
ひでとら
そういえば君もシーサーだったね。てか本題はよ

すみませんでした。本題ですが、沖縄県にあるシーサーは2種類あります。それはプロの作った”壺屋焼”シーサーとそうでないシーサー。

手作りでプロによって丹精込めて作られた”壺屋焼”こそが、沖縄の本物のシーサーなんです!

壺屋焼

壺屋焼は沖縄県の読谷村や壺屋地区(やちむん通り)で焼かれる伝統的な陶器。琉球王朝時代からの伝統。江戸時代には幕府への泡盛を入れる陶器を献上していた。

今回は上の沖縄県那覇市壺屋にあるやちむん通りから3店舗紹介しますね!

ケン
ケン
では、3つの壺屋焼シーサーを販売している名店を紹介します!

1店目:新垣勲窯

こちらは、329号線側から入って3分くらい歩くと見えてくるお洒落な雰囲気の陶器店。

外装は木で出来ていて、シックさとモダンな感じがいいかんじ。

やちむん通りは329号線側からだと車両で入ることはできません!完全一方通行なので、ご注意ください

中に入ってみると、手前には壺屋焼の小さなお茶碗やコップが敷き詰められています。

内装はコンクリートですが、塗装が落ち着いた感じで店内音楽もゆっくりとしています。

ケン
ケン
わ!仲間たちが沢山!

いろんな種類のシーサーが置かれていました。気になる値段は・・・

シーサーがペアで12,000円!職人が手間暇かけた作品なので、僕はあまり驚かなかったです。

サイズは15cmくらいでしたが、しっかり魔除けしてくれそうな迫力がGOOD!

シーサーと逆のサイドには、陶器という堅苦しい表現がふさわしくないほど可愛い焼き物がたくさん置いてありました。

店員さんも気さくなお母さんで和めました(‘ω’)ノ

ケン
ケン
このお店は、NHKにも特集組まれるほどの有名店!
ひでとら
ひでとら
そうなの!チェックしとこ・・・

2店目:うつわスカート

お次は、女性が好みそうなかわいらしい外観の”うつわスカート”。

ケン
ケン
陶器を逆さにするとスカートに見えるから、この店名なんだって!

一歩年内に入ってみる。照明が落ち着いていて、ジブリチックのかわいい音楽が流れている。

僕このお店好きだ~。

「僕たちは君の見方だよ!」・・・という割には険しいお顔のシーサーも魅力的。

でも、魔除けしてくれるから幸せを運んでくれるのは本当だね!

店内中央にあるお茶碗がかわいい~!

お洒落な写真が撮りたいインスタ映えを狙った女子にはおすすめのお店。

ちいさなスカートが吊り下げられていました(‘ω’)ノお店運営者・デザイン担当は絶対女性。

ケン
ケン
女性におすすめのお店だったな
ひでとら
ひでとら
僕の奥さん喜びそう。チェック・・・

3店目:ありよし

3店目のありよしは、いかにも沖縄らしいお土産屋さん!

国際通りに出店してそうな雰囲気。入り口のアメリカ人は「so cute!!」とか言いながらシーサー触ってました。

正面においてあるシーサーは迫力満点!

めっちゃ見られている感がすごい。

横にあるシーサーは手作り感あって、可愛い!(^^)!

5cmくらいの手のひらサイズのシーサーはかなり可愛いんですが、よく見るとしっぽや赤い毛のデザインが凝ってる・・・。

2700円なだけあって、プロの商品って感じです。

個人的に今日一で大好きなシーサーが上の笑っているシーサー!

笑顔も素敵ですが、手招きしているのが心を揺さぶりました。本気で買おうか迷った。

お店の奥に進むと、本格的な陶器がずらり。

沖縄のブルーオーシャンをイメージした、焼き物が沢山置いてありました。

特に気に入ったのが、上の金色と藍色のグラス。

なんとも神秘的で、お土産としてもらったら大喜びしそうな素敵なデザインでした!

やちむん通りへどうやって行く?

やちむん通りの入り口は上のGoogle ストリートビューで表示した場所です。逆側(この道を奥へ進んでいって突き当り)は329号線になります。

多くの観光者は那覇に宿泊するはずです。しかし、やちむん通りはホテルから歩いていける距離ではないですし、モノレールの駅からも遠いです。なので、車を予約して行きましょう!

そうでなくとも、沖縄旅行は他の観光地を回る時には車が必須。とりあえず、レンタカーの申し込みはしておきましょうね。

僕が観光の時に使ったレンタカーは以下のレンタカーです。

手続きも簡単ですし、旅行をスムーズにしてくれたのでおすすめ!

まとめ

ケン
ケン
今回は、やちむん通りにあるおすすめのシーサー専門店・名店を紹介しました!
ひでとら
ひでとら
たすかったよ~嫁も娘も喜んでくれそうで安心した・・・
ケン
ケン
案外、可愛いシーサーも多いからね!女性にもおすすめできるね
ケン
ケン
  こんなときは下の関連記事がおすすめ!